韓国:性転換手術した男性の戸籍訂正申請を許可 最高裁

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2006062308428
東亜日報
最高裁、性転換者の戸籍訂正を許容
最高裁判所最高裁)が、性転換者(トランスジェンダー)の戸籍性別の訂正申請を受け入れた。手術などを通じて性を変えた場合、就業の制限や身分上の不利益を受けないようにするという趣旨からだ。
最高裁の全員合議体(主審=金知衡・最高裁判事)は22日、手術を受けて女性から男性に性を変えた50代のAさんが「戸籍の性別を変えてほしい」として出した申請に対して、性別の訂正を認めなかった原審を覆して、事件を清州(チョンジュ)地裁に返した。
裁判部は「性転換者も人間としての尊厳と価値を有しており、幸せを追求する権利と人間らしい生活をする権利を持つ」とし、「憲法の原則に従って、社会通念上変わった性別を持つものと認められた人の戸籍の性別を変えることができる」と述べた。
裁判部はまた「戸籍法には性転換者の性別記載を変えるための手続きが定められていないが、戸籍には真正な身分関係が記載されるべきだというのが基本原則に基づいた判断であるため、戸籍の性別が変わっても従来の身分関係や権利・義務には影響を及ぼさない」と説明した。
さらに、「立法措置がないという理由で性転換者の法的救済を放棄するより、憲法に符合する法律の解釈を通じて、性別の訂正を認めるのが性転換者の苦痛を和らげられる最善の選択だ」と付け加えた。
孫智烈(ソン・ジヨル)、朴在允(パク・ジェユン)最高裁判事は、反対意見として、「性変更の要件などを定めた立法措置が行われていない状況のなか、裁判所が個別の事件で戸籍訂正を選別的に許容すると、法的安定性を損なうようになる」と主張した。
最高裁は先月18日、李ムサン延世(ヨンセ)大学医学部泌尿器科教授と朴ヨンニュル(国家発展基督研究院長)牧師を参考人として呼んで、性転換についての意見を非公開で聞いた。
一方、兵務庁は22日、最高裁の判決に従って、男性が女性に戸籍上の性別を変えれば、兵役の義務を賦課しない方針だと発表した。兵役通知書を受け取ってから戸籍上の性別を女性に変えた場合にも、兵役の義務を賦課しないが、逆に戸籍上の性別が女性から男性に変わると、兵役義務の履行対象者に分類され、徴兵検査を受けなければならない。また、兵務庁は、戸籍上の性別を女性から男性に訂正した兵役義務の履行対象者が、兵役義務を避けるため、徴兵検査の際に、口紅をつけてスカートを履くなど女性に偽装すると、告発されると説明した。


http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2006062308878
東亜日報
[オピニオン]性転換者の戸籍

英語のセックス(sex)とジェンダー(gender)は日本語に翻訳すると同じく「性」になる。いずれも男女の差異を表す言葉だが、概念はだいぶ異なる。セックスが性染色体による生物学上の性を意味するのに対し、ジェンダーは精神的・社会的に形成された認識上の性を意味する。ところが、生物学上の性と認識上の性が一致していない人も珍しいながら存在する。「イヴになったアダム」として有名な芸能人のハ・リスもその一人だ。ハ氏はXYの性染色体を持つ、生物学上では完全に正常な男性だ。しかし、ハ氏は自分を男と考えたことは一度もなかったという。いつも女の子と一緒にままごとなどをして遊んでいたハ氏は、高校2年の時、性転換手術を決意したという。
◆医学界では、生物学上の性と認識上の性の不一致を性転換症(transsexualism)という。自分の生物学上の性について継続的な不快感を感じ、自分は反対の性に属していると確信し、この確信に基づいて考え、行動する人は性転換症と診断される。大韓医師協会は、韓国でも約5000人が性転換症であるとみている。すでに性転換手術を受けた人も300人を上回っていると推定される。
◆性転換に対する諸外国の取り組みは二つに大別される。ドイツやスウェーデンは、特別法を制定し、性転換者の法的問題を解決している反面、英国、フランス、日本は、裁判所の判例に従っている。韓国は後者に属する。スウェーデンは1972年「特別な場合における性の確認に関する法律」を制定した。ドイツは「人間の性は先天的なもので変えられない」という立場をとっていたが、基本権の侵害に当たるという連邦憲法裁判所の決定を受け、1980年、スウェーデンと同様に特別法が作られた。
◆昨日、最高裁判所は性転換者の戸籍上の性別訂正を認める初めての決定を下した。女性から男性になるための性転換手術を受けたAさんが戸籍上でも「男性」になるのだ。これまでこの事件に対し、一審と二審では「性転換は整形手術でしかない(性別の訂正を認めない)」、「精神的・身体的な変化を認めるべき(訂正を認める)」と、相反する判決を下していた。最高裁は性転換者の幸福追求権のほうに重きを置いた。
宋大根(ソン・デグン)論説委員(dksong@donga.com)


http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060623k0000m030038000c.html
韓国:性転換手術した男性の戸籍訂正申請を許可 最高裁

 【ソウル堀山明子】韓国の最高裁は22日、女性から性転換手術をした50代男性の戸籍訂正申請を許可する判決を下した。韓国で性転換者に対し、法的に性別変更を認めたのは初めて。聯合ニュースは「約3万人と推計される性転換者の性別訂正申請が相次ぐだろう」と報じた。

 最高裁判決を受け兵務庁は同日、性転換手術を受けて戸籍を男性に変更した者には徴兵義務が生じるとの見解を示した。一方、女性に変更した者は徴兵対象から外される。

毎日新聞 2006年6月22日 18時39分


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060622-00000026-yonh-kr
性転換者の戸籍性別変更、最高裁が認める判断下す

【ソウル22日聯合】性転換者の戸籍上の性別変更を認める判断が国内で初めて下された。
 女性から男性への性転換手術を受けたAさんが戸籍上の性別を「男性」に変更するよう求めていた裁判で、大法院(最高裁判所に相当)の全員合議体は22日、性別の変更を認めないとする原審を破棄し、審理を清州地方裁判所に差し戻した。

 大法院は1993年1月、性転換者の性別を問う予備軍中隊長の質疑に対し「戸籍上の性別訂正は不可」との判断を下したほか、1996年6月にも性転換者を暴行した被告人に強姦致傷罪ではなく強制わいせつ罪を適用するなど、戸籍上の性別変更は認めていなかった。

 大法院の今回の決定により、約3万人と推測される国内の性同一性障害者が相次いで性別変更を求め出ることが予想される。

 大法院は「性別を訂正する手続きを定めた法はないが、性転換手術を受け本来の性ではない性の外観を持つことが明白ならば、人間としての尊厳と価値、幸福追求、人間らしい生活をする権利があり、これが公共の福利や秩序に反しなければ転換した性を認めるべきだ」と説明している。
(YONHAP NEWS) - 6月22日16時23分更新


http://www.wowkorea.jp/news/News_read.asp?nArticleID=10416
性転換者の戸籍変更を認めろという決定が下された。 性転換者の戸籍変更に関連してその間、下級審で審理した100件余のうち40件のみ認めるなど、各裁判部で判断基準が異なったが、今回、最高裁が初めて判例を作ったのだ。

最高裁全員合議体は22日、女性から男性への性転換手術を受けた50代のA氏が「戸籍上の性別を男性に変更したい」として出した戸籍訂正申請事件で、これを認めないとする原審を破棄し、清州(チョンジュ)地裁に差し戻した。

未婚のA氏は女性としての生活に適応できず、92年に手術を受けた後、03年に裁判所に戸籍変更申請を出したが、1審、2審でともに棄却された。

裁判部は決定文で「性の概念は生物学的要素と社会・心理学的要素をともに考慮しなければならない」とし、「外観だけでなく、社会的領域で反対の性で活動する性転換者の場合、人間らしい生活をする権利を認められなければならない」と明らかにした。

国内の性転換者は4000人−1万人と推定される。性転換者の戸籍変更申請は、02年に芸能人ハリス氏が仁川(インチョン)地裁に出して以来増え続けている。

Copyright 2006(C)JOONGANGILBO NEWS. All rights reserved.
2006/6/22 18:40 入力


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060622-00000035-yonh-ent
性転換した歌手のハリスさん、最高裁の判断を歓迎


【ソウル22日聯合】女性から男性への性転換手術を受けた人に戸籍上の性別変更を認めた大法院(最高裁判所に相当)の判決に対し、性転換者で歌手のハリスさんは「人として最低限の権利を享受する道が開かれた」と歓迎した。
 ハリスさんは2002年に、仁川地裁での決定を受け、戸籍上の性別を男性から女性に変更した。聯合ニュースの電話取材に対しハリスさんは「極めて正しく、当然の決定だ」と述べ、民主社会なら性転換者の尊厳も法的に保障されるべきとの考えを示した。

 また、芸能人になる前、官庁などで身分証明書を提出するたびに外見とは違う男性の身分証明書を持っている理由をいちいち説明しなければならなかった経験を述べるとともに、戸籍変更後に、女性として認められる幸せな経験も合わせて紹介した。大法院の決定で、性転換者らが被っていた不利益がなくなることにも期待を示した。

 ハリスさんは、性別変更は少なくとも性転換手術を受け精神的だけでなく医学的にも完全に別の性別になった人に認められなければならないと主張した。また、性転換手術は数年、数十年も苦悩した末に決めるだけに、実際に手術を受ける人は多くなく、手術を受けた人に戸籍上の性別変更を容認しても社会的な混乱は生じないと強調した。
(YONHAP NEWS) - 6月22日19時31分更新


korea Herald
http://www.koreaherald.co.kr/SITE/data/html_dir/2006/06/23/200606230036.asp

Gender changes allowed: Supreme Court makes ruling
The Supreme Court yesterday supported a transsexual's request that his new gender be recognized in official records.

The decision, the first by the Supreme Court on legal gender change, is expected to serve as an important standard for future judgments on similar requests.

In a landmark ruling, the top court overturned a lower court's ruling and sent the case for retrial. The female-to-male transsexual appealed to the court after his petition to change his gender in his family registry was rejected by two lower courts in 2003. The plaintiff's name was withheld by the court.

Many of the nation's estimated 30,000 transsexuals are likely to follow suit to be legally recognized as their chosen gender.

As Korean civil and family-registry laws have no clear definition of gender, courts have been issuing conflicting decisions over the recognition of transsexuals.

Some judges have taken the biological view that sex chromosomes determine gender and have refused to reflect the outcome of sex reassignment surgery on legal documents. Others have considered psychological and mental factors to be more important, granting legal recognition.

"If one is clearly recognizable as the opposite sex in both appearance and social life after having sex-change surgery, he or she has the right to pursue dignity, value and happiness as a human and live humanely," said Justice Kim Ji-hyung.

"We should recognize their changed gender if this does not go against public interests or order."

Yesterday's ruling had transgender advocates cheering and conservative religious activists fuming.

Choi Hyun-sook, representing a coalition of civic groups for the legal recognition of transsexuals, hailed the decision. "The court ruling gave hope to social minorities such as transsexuals and homosexuals. We will accelerate our efforts to enact a law facilitating gender change," she said.

Reverend Park Chong-soon of the Christian Council of Korea said the court's decision ran against public sentiment.

"If in court one is allowed to change legal gender because of a gender identity crisis or some factors in the surroundings, it will cause confusion in our society."

Ordinary citizens were also divided over the issue.

"It is a milestone decision by the court, given our country's long history of Confucianism," wrote "mildhide," a netizen on major portal Naver.

But another net user protested the decision, saying, "Sex reassignment surgery doesn't change a person's sex chromosomes. Change is only on the surface, it doesn't turn a man into a woman."

The recognition of transgender people has been a dilemma for the government and legal authorities since TV star and male-to-female transsexual Harisu brought the issue, long a social taboo, to the forefront.

A district court allowed the pop star to legally switch her gender from male to female in December 2002.

An increasing number of transgender people have since asked courts to let them change their sexual identity in family registries. Twenty-two people were allowed to do so in 2003, followed by 10 in 2004 and 15 in 2005.

(milaya@heraldm.com)

By Lee Sun-young


2006.06.23


参考URL:

なにわ太郎のつぶやき日記
http://www.naniwa-j.com/nik/nik.cgi?log=0606&idc=20060622
金敏圭(Kim,Min-Kyu)教授特別講演会の報告
http://www.harikatsu.com/nikka2/calen.cgi?mode=view&YMD=20020828&w=3


感想:下のニュース写真はちょっとピントがずれてるような。
http://english.chosun.com/w21data/html/news/200606/200606220027.html
english chosun.com
Transsexuals Win Right to Change Official Sex